About Us

Amazake Lab. LLC

歴史と文化の中で形成された発酵食の持つ価値を、時代の流れにあった形で表現することで、人々の日常に発酵食を取り戻し、心もカラダもより生き生きと豊かに輝く人を増やしたい。

味噌、醤油、みりん、日本酒など、日本の食文化は発酵食とともに歩み、発展してきました。しかし、戦後に食の欧米化が顕著に進み、次第にぬか漬け、味噌汁といった発酵食が日常の食生活から薄れていきました。生活習慣病を抱える人口が増え、現代人の食生活の改善が言われるなかで、いま改めて日本の食文化、特に発酵食のチカラが見直されています。

発酵食が醸し出される過程はまるで実験のようなワクワクした面白さがあり、その魅力を多くの人に再認識してほしい。同時に、発酵食に関心を持つ人と人やアイデアの融合を試みる、実験の場を提供したい。フラスコと米をあわせたロゴマークには、発酵を通したワクワクを醸し出すという想いが込められています。

MISSION

現代の人々の心身ともに豊かな生活に貢献する

わたしたちの役目は、日常の食生活に発酵食を取り入れてもらうお手伝いをすること。体が元気になることはもちろん、健康であることで得られる充実感、食を通した楽しみから生まれる幸福感で、心も豊かになる生活を送っていただくことに貢献します。

VISION

発酵食をアップデートする

日本の長い歴史と深い文化の中で形成された発酵食を、最新状態に更新することで、現代の人々がその価値を見出し、共感し、受け入れやすいものにしていきます。

VALUE

おいしく・たのしく・おしゃれに

<おいしく>
おいしくて、かつ体に良い製品であること。できる限り、余分なもの、化学的なものを使わない製品であること。

<たのしく>
手にする、目に触れる、口にする、体験することでワクワク感を与えるもの、ことであること。また、それを通して新たな人との出会い、つながりが生まれることで、ワクワクを生み出すコミュニティをつくる担い手となること。

<おしゃれに>
手に取る人に「スタイリッシュ」「スマート」「斬新」な印象を与え、使いやすさを考えた上で、見た目にも魅力的なプロダクトデザインが追究されたものであること。

Members

– Founders –

Akane Yamamoto

Co-Founder / Representative

名古屋市出身、京都市在住。「麹でロハス推進会」認定・上級麹士。

2019年度内閣府国際交流事業「世界青年の船」事業でサブ・ナショナル・リーダーを務め、10か国の青年と1ヶ月半の寝食を共にする中で、日本の食の繊細さに改めて気づかされる。その後、酵素ドリンクでのファスティングをきっかけに、食生活を和食や発酵食中心に改善。日々の食生活の実践の中で、日本の食文化、特に麹を使った発酵食の魅力を再認識し、2020年6月、麹や発酵食の認知向上のため「all.about.koji」として活動を開始。その中であまざけを切り口にすることにアイデアを得て、Amazake Lab.創業に至る。

Akiko Ando

Co-Founder

愛知県刈谷市出身、兵庫県西宮市在住。「日本発酵文化協会」認定・発酵マイスター/プロフェッショナル。

商業系大手数社にて企画・宣伝系業務に20年以上従事。会社員時代の2016年に10kgの減量に成功し、体重体型を維持するため食生活を改善。そのきっかけとなった味噌作りから発酵の面白さに目覚め、2017年に発酵マイスターを取得。その後、神戸・西元町のシェアキッチン「ヒトトバ」にて味噌汁専門店「キノエネ」を2019年7月まで営業。エステサロンや学びの場にて、発酵をテーマにセミナーを開催。これまでの経験を活かし人生100年時代を豊かに生き抜くためAmazake Lab.に参画。

– Advisers –

Tomokazu Hirayama

Adviser

大阪市出身、在住。株式会社キャリア・フォース代表取締役。

Jun Sakata

Adviser

兵庫県加古郡出身、大阪府堺市在住。有限会社スマート・アイ代表取締役。

合同会社Amazake Lab. (Amazake Lab. LLC)

本社 : 602-0853 京都府京都市上京区宮垣町91-102

西京極事務所:615-0841 京都府京都市右京区西京極火打畑町1-9-101

TEL : 075-708-2872
(受付時間:13時~17時、土日祝日・お盆・年末年始・月末棚卸し日・その他当社が定める休日を除く)

Email : contact@amazake-lab.com